美白を守れ!ニキビ跡の治療法

美容皮膚科のレーザー治療は、ニキビ跡を美白にする代表的な治療法です。
レーザー治療を受けると、ニキビ跡の色素の沈着や皮膚の凸凹を解消することができます。
ニキビ跡の色素はお肌の酸化が原因です。
お肌の凸凹は、皮膚の奥深い層にできてしまった傷跡が原因になります。
黄色光とオレンジ光のレーザーは、ニキビ跡の赤みの色素に反応し、肌質を改善します。
レーザーは皮膚の奥深くまで浸透し、皮膚のコラーゲンの生成を促進します。
コラーゲンの生成が促進されることによって、皮膚の表面の凸凹を解消します。
美容皮膚科のレーザーの医療機器は、いろいろな波長のレーザーを照射することが可能です。
美容皮膚科の医師は、患者さんのお肌の状態を確認し、最も適したレーザーを照射してニキビ跡を治療します。
レーザー治療のメリットは、ダウンタイムがなく、施術を受けたその日から普段通りにメイクをすることができ、シャワーや入浴も可能です。
治療の効果は一過性のものではなく、ニキビ跡を根本から改善して美白にすることができます。
レーザーはアクネ桿菌や皮脂腺を破壊しますので、ニキビが再発する心配はなくなります。
皮脂腺を破壊することによって、皮脂の分泌が正常化されますので、お化粧のノリが良くなり、皮脂によるお肌のテカリを防ぐことができます。
レーザーは顔の産毛の毛根にも反応しますので、顔の産毛を処理することもできます。
数回にわたってレーザーを照射することにより、産毛の毛母細胞は破壊されますので、顔の産毛を永久脱毛することも可能です。
顔のニキビ跡だけでなく、背中のニキビ跡も綺麗にすることができます。
背中の治療も行うと、結婚式などで背中を露出したドレスも安心して着ることができます。
レーザー治療に対して抵抗のある方はハイドロキノン配合のクリームなどを使ってみることもお勧めします。

【ハイドロキノンでの美白効果を実感したら、ニキビ治療】
クリンダマイシンが含まれている成分のお薬
【約80カ国で30年も前からニキビ治療に使われているニキビ治療のクリーム】
スキノレンクリーム